校長挨拶

 校長挨拶

茨城県立水戸桜ノ牧高等学校長 藤 田 知 巳



 ” 青春はここ牧にあり! ”  

  本校のシンボルである校門のしだれ桜が満開になりました。
  新入生を迎え入れるこの季節は,いつも”桜”一色になります。
  本校は,水戸藩の御料牧場「桜野牧」の跡地に昭和57年10月に設置され,翌58年4月に第1回生が入学して以来,今年で創立37年目を迎えます。同窓生も一万余名を数えます。
  本校では,創立以来,国際教育を重点的に推進し海外短期留学生派遣(オーストラリア)やブリティッシュヒルズ英語研修をはじめ,英検準2級全員合格プロジェクトなどこれからの時代に活躍できるグローバルな人材を育成しています。
  また,文武両道をモットーに部活動を奨励し,13の運動部と11の学芸部に生徒の約9割が所属し,熱心に目的を持って活動しています。全国大会や関東大会へも出場しており,今後も,大いに活躍が期待されます。
  また,学習や進路については,一人一人の進路実現を図るため,個々の適性に応じたきめ細やかな指導と様々な進路関係行事を実施しています。昨年度は,地元の筑波大学や茨城大学,県立医療大学をはじめ国公立大学への合格者が112名を数え,2年連続110名を超える成績を残しました。早稲田大学など難関有名私立大学へも多くの生徒が進学しています。
  素直で真面目そして明朗な”水桜生”は,この地で青春を満喫しています。勉学に部活動に,仲間と切磋琢磨し,この”牧”の地で青春の汗を流し,輝く自分を創造してみませんか。

                                    平成31年4月   校長 藤田 知巳


 

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸桜ノ牧高等学校