校章



 校名の「桜ノ牧」は,本校の所在する一帯が,かつて水戸藩の御料牧場で,その名を近くを流れる桜川の名をとって「桜野牧」と言ったことにもとづいています。
 校章は,その牧場の印として用いられた「桜野牧御印」をそのまま採用したものですが,これにあたっては,第9代水戸藩主徳川斉昭(烈公)編『諸物会要』に収録されているのに拠っています。
 校名・校章ともに,水戸藩とのゆかりをもつ,歴史的に由緒あるものといえます。
 

校歌



 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸桜ノ牧高等学校